会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

会社設立の相談事例

清水の方より会社設立の助成金についてのご相談

2017年10月31日

Q:会社設立時の助成金の受給のタイミングはいつがいいのでしょうか?

現在、静岡県清水市内に会社設立を計画しております。周りの人に話を聞いてみると、会社設立の際には助成金を受給できるという事を聞いたのですが、これはどのタイミングで行えばよいのでしょうか?会社設立前に申請するものがあればと思い、相談しました。(清水)

A:創業時に使える助成金もあります。会社設立前にご相談ください。

助成金は、国からもらう事の出来る返済不要の資金援助です。「融資」は返済が必要ですが、「助成金や補助金」はもらえるお金になりますので、会社設立の際には、受給のタイミングを逃さないよう事前にきちんと確認をしておくことが重要です。

助成金には、その受給要件の中に会社設立前や人を雇う前のタイミングで届出をしなければならないものがあります。このタイミングを逃してしまうと受給が出来なくなる事になります。会社設立時や人を雇う予定のある場合は忘れずに届け出るようにしましょう。

また、静岡 会社設立経営サポート.comを運営している尾崎会計事務所では、創業時の助成金の業務に関し、しっかりと対応することが可能です。会社設立をご検討の方は会社設立前にご相談ください。

創業時に使える助成金について 詳しくはこちら>>

 

会社設立の際のお困りごとがある方で清水にお住まいの方でしたら、静岡 会社設立経営サポート.comの無料相談をご利用ください。初回のご相談は無料になりますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

静岡市清水の方より、会社設立のご相談

2017年05月15日

会社設立の基本事項などのような事項ですか?(静岡市清水区)

会社設立の基本事項について教えてください。(静岡市清水区)

定款に記載すべき事項の事です

会社を設立する為には、会社の基本事項を決める必要があります。この基本事項とは以下になります

  • 発起人について
  • 事業目的の決定
  • 資本金の額の決定
  • 商号の決定
  • 本店所在地の決定
  • 株式の種類

以上の事項を決定し、定款を作成します。

(静岡)事業年度はいつにしたらよいでしょうか?

2017年03月07日

静岡市清水区の方よりいただいた会社設立のご相談

Q:事業年度はいつにしたほうがよいでしょうか?会計上この月が良いなどはありますか?(静岡市清水区)

A:事業年度に特に決まりはありません。

事業年度に決まりはありませんが、国の会計年度は4月1日から3月31日ですので、それに合わせる会社も多いです。国の会計年度に合わせない場合には、事業年度の終わりが決算期になりますので、繁忙期に決算期が被らないような事業年度にすることをお勧めいたします。会社設立時に事業年度を決める際には、決算期(事業年度最終日)までの期間が長めになるように決めることをお勧めいたします。決算日まで短いと、設立してすぐ税務の申告もしなければならなくなります。

5 / 6...23456

初回のご相談は、こちらからご予約ください

まずはお気軽にお問い合わせください!

フリーダイアル:0120-939-139

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス

お気軽にご相談ください

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す