会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

焼津市 | 静岡 会社設立経営サポート.com

焼津の方から合同会社についてご相談

2022年03月01日

Q:会社設立を考えていますが、株式会社と合同会社の違いが良くわかりません。税理士の先生、教えていただけませんか。(焼津)

税理士の先生、はじめまして。私は焼津在住の20代男性です。
小さいころから父が働いていた焼津市内の喫茶店に出入りしていた影響もあり、今年の秋くらいにコーヒー専門店を始めようと考えているところです。まずは地域に根差すことを目標に掲げ、将来的には2号店、3号店と焼津以外にも展開して良ければと思っています。

すでに会社設立をしている知人にその話をしたところ、「合同会社が良いんじゃないかな」といわれました。知人はラーメン店の経営者なのですが、自身も株式会社ではなく合同会社で会社設立をしたそうです。
合同会社という言葉自体は聞いたことがあるものの、知人の話だけではいまいち良くわからず、正直不安が残っています。

会社設立の時点からつまずくわけにはいきませんので、税理士の先生、株式会社と合同会社の違いについて教えていただけないでしょうか?(焼津)

A:合同会社は株式会社に比べ、低コストでの会社設立が可能です。

株式会社と合同会社の違いを述べる前に、まずはそれぞれがどのような会社であるかを簡単にご説明させていただきます。

株式会社とは代表的な会社の形態であり、出資者となるのは会社設立の資金を集める際に発行した株式を購入した株主です。この株主たちで開く「株主総会」によって、実際に事業を運営する経営者が選出されます。
対して、合同会社は2006年に改正された新会社法によって新設された会社形態であり、会社設立時に資金を出した全社員が出資者かつ経営者として会社の決定権を有します。

この時点でも違いがみられる両者ですが、合同会社は会社設立にかかるコストが株式会社よりも低いというメリットがあります。

出資者と経営者が同一である合同会社は定款の認証が不要のため、株式会社では必須となる定款にかかる費用が削減できます。また、会社登記にかかる登録免許税も株式会社の約半分と金銭的負担が少ないことから、会社設立のハードルはそれほど高くないといえるでしょう。

出資した全社員が会社の決定権を有するので意思決定のスピードも速く、社員数が少ない小規模の会社であれば合同会社で得られるメリットは大きいと思われます。

もちろん、株式会社と比べた場合のデメリットもいくつか存在します。いずれにせよ、会社設立に際してどの形態を選択するべきかの判断は会社の規模や資金等により異なってきますので、まずは静岡会社設立経営サポートの初回無料相談をご活用ください。

静岡会社設立経営サポートでは、初回無料相談の段階から会社設立に精通した税理士が、焼津の皆様の会社設立に関するお悩みやお困り事を親身になってお伺いいたします。
焼津の皆様の会社設立が円滑に進むよう懇切丁寧に対応させていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

焼津の方より会社設立についてご相談

2021年07月01日

Q:司法書士の先生にお伺いします。会社設立時の資本金の設定額について悩んでいます。いくらが妥当ですか?(焼津)

初めてご相談いたします。

私は以前まで東京でアパレル関係の店長をしてきました。
現在は、世の中の状況と、昨今のニューノーマルの影響で焼津に戻っており、前職で培ったノウハウを活かして地元焼津でアパレルのみならず幅広い商品を販売する店舗を開業しようと計画しています。
また、運転資金についてもある程度目途がつきましたので、この際、会社設立をしようと思っています。

外出がままならない方に対して通信販売部を立ち上げる等、今後の計画はかなり出来ていると思うのですが、事務的なことがわからずもたついています。

とりあえず、資本金の設定額について教えて下さい。
1円から会社設立できると聞きましたが、いくら程度が妥当でしょうか?(焼津)

A:資本金を低く設定することは可能ですが、その後の取引先との関係性等を考えて、ある程度まとまった額にする事をお勧めします。

最低資本金制度が撤廃され、現在の会社法においては1円から株式会社を設立することが可能となりました。

しかしながら、誰もが容易に会社設立出来る時代になったとはいえ、実際に資本金を1円に設定することはお勧めしません。
なぜなら、資本金は事業主が会社設立にあたって工面して捻出した運転資金だからです。取引先からの信頼を得るためにも、また将来的に安定した事業運営を期待できると判断してもらうためにも、ある程度のまとまった金額に設定する必要があります。
実際、利益が出る前に運転資金が足りなくなってしまう可能性もあり、融資を受けようにも、こんなに早く運転資金が尽きるのではと融資に難色を示されることもあります。

資本金の相場は、会社の事業内容や規模により異なります。
ただし、資本金の金額によっては税金の支払いに影響が出るので注意しましょう。
例えば資本金を1000万円未満に設定した場合、設立から1期目と2期目の消費税は免除されます(条件あり)。

静岡会社設立経営サポートでは、会社設立の専門家が、焼津の皆様の会社設立のお手伝いをさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
当センターでは、焼津の皆さまの会社設立、開業についてのご相談を初回無料でお伺いしております。

会社設立には複雑な書類手続き、助成金など、想像以上の手間がかかる作業が多く、慣れていない方には難しい作業かと思われます。
当センターの焼津の地域事情にも詳しい専門家が焼津の皆様のお悩みを親身になってお伺い致します。
当センターのスタッフ一同、焼津の皆様からのご連絡を心よりお待ちして申し上げます。

焼津の方より会社設立についてのご相談

2020年11月18日

Q:会社設立の際の資本金について、税理士の先生にお伺いしたいです。(焼津)

焼津市の30代男性です。東京でフラワーアレンジメントの仕事をしていましたが、当時から生まれ育った焼津で自分の店を持つのが夢でした。このたびご縁があり、何人かの方々から協力を仰ぐことができましたので、焼津に帰り、フラワーギフトの店を開業することになりました。順調にいけば焼津市外にも店舗を増やしたいですし、ネットショップで全国からの注文も受けたいと考えているため、個人事業主ではなく株式会社という形で稼働していきたいです。しかし、会社設立に関してはまったくの素人で、どのようにやっていけばよいものか正直よくわかっていません。特に今回お尋ねしたいのは資本金のことです。いくらに設定すべきなのでしょうか?1円から設立可能だとは聞いているのですが、資本金の妥当な価格というのはどの程度なのでしょうか。(焼津)

A:資本金の設定は会社設立の時点で行いますが、1円はおすすめしません。

たしかに平成18年度に制定された会社法において、最低資本金制度の撤廃が定められ、資本金が1円でも株式会社を設立することができるようになりました。

ですが、資本金は社会的に会社の信頼をはかるポイントになるため、資本金を1円に設定するのはおすすめいたしません。

なぜなら、通常、会社を開業する時に事業主が準備した運転資金を資本金として始めます。ここで確保してある資本金が多いほど「この会社はこれからも安定して運営していけるだろう」と判断してもらう事ができます。逆に言えば、資本金が少ないと利益が出るより前に運転資金が足りなくなることが想定され、新しい取引先との契約をとるのが難しくなってしまう可能性があります。また、資本金が1円であると、事業拡大をしたい場合など融資を受けることも難しくなってしまうかもしれません。資本金の金額によってその後支払う税金もかわってきますので、その辺りも考慮したうえで資本金の金額を決めるのが良いでしょう。

会社の規模やどんな事業をしているかによって、適正な資本金の額は異なります。

たとえば、資本金を1000万円未満に設定したら、設立から1期目と、2期目(※その他の条件も必要となります)は消費税を納める必要がありません。なお、建設業のように許認可が必須の事業に関しては、資本金に財産的基礎があるかどうかの判断材料のひとつになるため、事前に要件を満たすかどうか確認しておいてください。

会社設立には複雑な手続きがともなうこともございますので、手間取ってしまう場合も少なくありません。会社設立についてご不安がある方は、一度専門家にご相談されることをおすすめいたします。

静岡 会社設立経営サポートでは、焼津市で会社設立をご検討の皆様からのご相談をお受けしております。会社設立について少しでも疑問やお困り事がございましたら、ぜひ静岡 会社設立経営サポートの初回無料相談をご利用ください。焼津に精通した専門家がご相談者様のお話を親身にお伺いいたします。焼津のみなさまからのご連絡をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

まずはお気軽にお問い合わせください!

フリーダイアル:0120-939-139

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス

お気軽にご相談ください

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す